北欧の煙突

薪ストーブのショールームを移転

薪ストーブのショールームを移転

<古民家×薪ストーブ×北欧の生活道具>として計画中の新ショールームへ、薪ストーブの展示を移動しました。建物自体はまだ改修が続きますが、とりあえず煙突も設置が完了したので薪ストーブを展示して北欧直販の新しいショールームとしてオープンすることにしました。

山梨県北杜市で薪ストーブAduro9-3の設置

山梨県北杜市で薪ストーブAduro9-3の設置

今回は薪ストーブと煙突の設置を、長野県の桐原建設薪ストーブ部門<キリハラストオブ>さんにお願いし、そのお手伝いをさせていただきました。この辺りは真冬には氷点下15〜20度くらいまで冷え込むということですが、北欧仕様のφ250断熱二重煙突がその性能を十分に発揮してくれると思います。

薪ストーブTermaTech TT22 の火入れ 滋賀県長浜市

薪ストーブTermaTech TT22 の火入れ 滋賀県長浜市

先日薪ストーブと煙突を設置させていただいた滋賀県長浜市の新築住宅にて、TermaTech TT22 の火入れをしました。薪ストーブはコーナーに設置し、室内煙突はシングル煙突フレックス45°を使用しリビング側に約30°振りました。0〜45°の間で自由に角度を調整できるので微妙な角度調整が可能です。

岐阜県飛騨市で薪ストーブ TermaTech TT22 の設置

岐阜県飛騨市で薪ストーブ TermaTech TT22 の設置

岐阜県飛騨市で薪ストーブ TermaTech TT22 設置の依頼をいただきました。正面からではわかりにくいのですが、横から見ると前面はこのように曲面ガラスになっていて放射状に室内を広く暖めます。大きなガラス面からの輻射熱は点火後すぐに得られるので、薪ストーブが温まるのを待つことなく、暖かさをすぐに楽しむことができます。炉内のバーミキュライトのおかげで立ち上がりも早く、対流熱式ストーブらしく素早く部屋全体を暖めてくれます。

薪ストーブシーズンと台風接近前の煙突掃除

薪ストーブシーズンと台風接近前の煙突掃除

最近すっきりしない天気の日が多いですね。また大きな台風が接近してるみたいだし。さて台風前の晴れ間を狙って煙突掃除です。この時期、煙突掃除の依頼が多くなってくるといよいよ薪ストーブのシーズンが始まるなという感じになってきます。

TermaTechの新しい断熱二重煙突<デザインライン>で壁出し施工

TermaTechの新しい断熱二重煙突<デザインライン>で壁出し施工

今回使用した煙突はTermaTechの新しい断熱二重煙突シリーズ<デザインライン>です。煙突外径は今までの煙突と同じφ250、50mmの断熱材が充填された北欧仕様。日本国内流通品と比較して2倍の断熱材の厚みがあり、断熱性能が非常に優れるドイツ製の断熱二重煙突です。これらのスペックは今まで通りですが、デザインラインの一番の特徴は煙突同士の繋ぎ目が目立たない美しい外観です。