BLOG

北欧デンマークのデザインと日本

デザインミュージアム・デンマーク

前回の記事で「北欧デザインが日本の美術工芸や建築から多大な影響を受けている」ということに少し触れました。先日デンマークへ行った際にDesignmuseum Danmark(デザインミュージアム・デンマーク )に行ってきたので少し紹介します。

以前はデンマーク工芸博物館という名前でしたが、現在はデザインミュージアム・デンマークとなっており、学生は無料で入館できます。すてきなカフェや中庭もあり、ゆったりと過ごせます。コペンハーゲンの人気観光スポットのひとつアマリエンボー宮殿から歩いてすぐです。

ハンス・J・ウェグナー (Hans Jørgensen Wegner)、フィン・ユール(Finn Juhl)、アルネ・ヤコブセン(Arne Jacobsen)といった巨匠たちの名作家具やポール・ヘニングセン(Poul Henningsen)、ヴェルナー・パントン(Verner Panton)といったデザイナーの作品が展示されています。

デザインミュージアム・デンマーク

2015年からデザインミュージアム・デンマークで開催され注目を集める「Learning from Japan」展。日本とデンマークの結びつきの歴史をたどる企画展です。前回デンマークに来た時に行きそびれ残念な思いをしましたが、予想以上に人気だったらしく、開催期間は延長され、幸運にも2018年現在も開催中でした!異例の長期開催からも、この企画展が多くの人に支持され人気を博していることがうかがえます。

デンマーク Learning from JAPAN展

入ってすぐ畳敷きのスペースに柳宗理の名作バタフライ・スツールが展示されていました。そこからインスピレーションを得てデンマークで展開された作品が併置されています。比較しながら見られるのでとてもわかりやすい。

建築、陶芸、グラフィック、家具など、展示ごとに日本のオリジナルと、それにインスピレーションを受けたであろうデンマークデザインが併置されるかたちで展示されています。

デザインミュージアム・デンマーク

駅弁の箱みたいなものも展示されていたり。日本人にしてみれば特に気にとめないデザインだと思われますが、デンマーク人にはクールに映るのでしょうか?とにかく楽しく展示を見進められます。

デザインミュージアム・デンマーク

デンマークデザインは建築、インテリア、ファッション、照明、家具など様々な分野で日本から影響をを受け、技術や意匠だけでなく、その奥にある思想まで学び取ろうとしていたことが感じられます。

この企画展を通してデンマークのアーティストやデザイナーが受けたインスピレーションの源泉を知る機会を得ることができました。デンマークのデザインが日本の伝統工芸に大きな影響を受けていたということは意外と知られていないのではないでしょうか?現在のデンマークデザインの根底には日本の影響が色濃くあるのです。世界中で評価が高いデンマークデザインの源流が日本にあったということにあらためて驚かされます。

大阪府羽曳野市で薪ストーブTermaTech TT22の設置

TermaTech TT22

Office for Environment Architectureさんの設計施工によるリフォーム案件で、大阪府羽曳野市にて薪ストーブTermaTech TT22の設置をさせていただきました。

この記事の写真は写真家の大坊崇さんの作品を使わせていただいています。

Office for Environment Architecture
http://www.ofea.jp/

大坊崇
https://www.takashidaibo.com/

TermaTech TT22

使い込まれた古材の雰囲気と直線的な意匠が面白い空間をつくっています。開放感のある空間に気持ち良い風が抜けていきそうですね。

斜めに切り取られた天井の吹き抜けをまっすぐに煙突が通りました。

TermaTech 室内煙突

TermaTech シングル煙突

TermaTechの鋼鉄製の室内煙突は、ステンレス製の煙突にはない落ち着いた雰囲気があります。まさにストーブと一体。

TermaTech TT22

いわゆるモダンタイプの薪ストーブですが、日本的な空間と本当に相性が良いですね。北欧デザインが日本の美術工芸や建築から多大な影響を受けているというのがよく分かる気がします。自然素材の色調や質感を活かしたシンプルで美しい形状、素朴ながら温かみを感じさせるハンドメイド感。北欧と日本の共通したメンタリティを感じて妙に納得しました。

φ300三重筒システム

屋外煙突は安定のφ300三重筒煙突システム。コーキングに頼らない雨仕舞いで長期間にわたり安心して薪ストーブと煙突を仕様することができます。

2階リビングへ薪ストーブTermaTech TT22Rを設置

TermaTech TT22R

滋賀県大津市で薪ストーブTermaTech TT22Rの設置をさせていただきました。

今回の設置場所は2階のLDK。200kg近い重量の薪ストーブを運び上げるのはなかなか大変です。薪ストーブを可能な限りパーツに分解して、少しでも本体が軽くなるようにして4人で運び上げました。必死だったのでその時の写真はありません。。

煙突へのアクセス

2階リビングへの設置のメリットは煙突へのアクセスが良いことでしょうか。バルコニーに出ればすぐに煙突トップが目に入ってきます。

ここから屋根に登れるので煙突掃除にも好都合ですね。

φ300三重筒システム

屋根上の煙突は定番化してきた感のあるφ300三重筒システム。コーキングに頼らない雨仕舞いで長期間にわたり薪ストーブと煙突を安心してご使用いただける北欧直販オリジナル仕様です。

滋賀県高島市で薪ストーブLOTUS Jubilee 35の設置

軒の出の深い家

明日完成見学会が開催される住宅にLOTUSの薪ストーブJubilee 35を設置させていただきました。

バケツをひっくり返したような大雨でしたが、軒の出の深い建物のおかげで薪ストーブを濡らすことなくスムーズに搬入することができました。

LOTUS Jubilee 35

50cm超の薪が入れられることで人気の薪ストーブTermaTech TT22Hとサイズなどのスペックが似通っていますが、実際に設置してみるとまったく雰囲気が違いますね。TermaTechはいい意味で無骨な雰囲気なのですが、LOTUS Jubilee 35はスタイリッシュで洗練されたシルエットが印象的です。

特注で仕上げたスチールのフロアプレートのグレーの色合いもよく馴染んで安心しました。石の炉壁とのバランスも良し。重くなり過ぎず、適度に軽快な感じが好印象です。

LOTUS Jubilee 35

明日の完成見学会では座談会にも参加させていただきますので、興味ある方はぜひご参加ください!
https://www.facebook.com/takashima.iju/

里山集落につらなる木造平屋建ての家 完成見学会

木造平屋建て

今回新築される住宅に薪ストーブを設置させていただくため、先行して煙突設置を進めています。

もうすぐ完成のこちらの住宅の完成見学会が7月7日(土)・8日(日)に開催されます。

お施主様のご厚意により、見学会と同時開催の家づくり座談会に参加させていただけることになりました。今回の家づくりに関わった建築家、工務店、薪ストーブ屋、鉄作家が、高島の木を使った家への想いや、地域とつながる家づくりの魅力を語るという興味深いイベントです。

これらのキーワードにピンと来た方はぜひご参加を!

エーゼロ株式会社高島事業所
https://www.facebook.com/takashima.iju/

木造平屋建ての家

滋賀県草津市で薪ストーブTT22Hの設置

TermaTech TT22H

滋賀県草津市で薪ストーブTermaTech TT22Hを設置させていただきました。

施主様のこだわりで、薪ストーブ背面の壁には吹き抜けの天井まで鉄板が貼られています。

TermaTech TT22H

インダストリアルなインテリアで仕上げらた空間に、モダンストーブでありながらモダンすぎない、どことなく無骨な雰囲気のあるTermaTechの薪ストーブがよくマッチしました。

壁の鉄板は表面処理されていないので、時間の経過とともに少しづつサビがでていい味になっていくようです。2mmの厚みのある鋼鉄製の室内シングル煙突とも面白い対比になりそうです。

北欧直販 φ300三重筒煙突

屋外煙突は北欧直販の定番となっているφ300三重筒煙突です。雨仕舞いをコーキングに頼らない方法なので長期間にわたり安心して薪ストーブと煙突をご使用いただけます。

薪ストーブを使用するには暑すぎる気候になってきたので、火入れはシーズン前に行うことになりました。実際に燃えているのを見るのが今から楽しみです。

薪ストーブ煙突掃除のベストシーズン

薪ストーブ煙突掃除

今日は朝から薪ストーブの配達、その後に大津市と高島市で煙突掃除を1件づつ回ってきました。

薄曇りの今日は屋根の上も暑くなく、快適な作業日和でした。梅雨入りすると屋根に登れないだけでなく、湿度が高くなりストーブの中の灰が湿気を帯びてストーブをサビさせる原因となります。梅雨前のこの時期は晴れの日が多く、煙突掃除には最適なシーズンです。

今日煙突掃除させていただいた家にはどちらも珍しいストーブが設置されていました。

モルソー アンティーク

まず1件目はモルソーのアンティークストーブ。良くメンテナンスされてとても綺麗なストーブでした。おそらくデンマークでながく使われていたものだと思います。時を経て、なんとも味わいのある佇まいです。

自作薪ストーブ

2件目の薪ストーブも珍しく、なんとステンレス製です。亡くなられてお父様が自作されたそうです。

どちらのストーブにもストーリーがあり、想像が膨らみます。そんな物語に少し触れることができた気がして、幸せな気分になりました。いやあ、薪ストーブって本当に良いものですね!

TermaTech TT1Z設置のお便りをいただきました

TermaTech TT1Z

薪ストーブTermaTech TT1Zをご購入していただいたお客様からお便りをいただきました。

送られてきた写真を見ると、吸い込まれるように鮮やかな新緑で、モニターを見つめる目が癒されていくのを感じました。。素敵な写真をありがとうございました。(商品ページのトップでつかわせていただきました)

「まだ椅子が届かないので、キャンプ状態ですが、、、」とのことですが、窓からの眺望が素晴らしく、本当に深い森の中で焚き火をしているような錯覚に陥りそうですね。

薪ストーブ TermaTech TT1Z

家のデザインに合わせて、設計段階でこのストーブを選んでいただき、「インテリアにベストマッチでした。」と言っていただけました。

このようなご連絡いただけることが本当に嬉しく、励みになります。ありがとうございました!今後ともよろしくお願い致します。

TermaTech TT1Z