BLOG

山梨県北杜市で薪ストーブAduro9-3の設置

キリハラストオブ

山梨県で薪ストーブ設置のご依頼をいただき、北杜市まで行ってきました。雄大な南アルプスの眺望が関西とは全く違い、薪ストーブの本場に来たなと、テンションが上がります!

今回は薪ストーブと煙突の設置を、長野県の協力店、桐原建設薪ストーブ部門<キリハラストオブ>さんにお願いし、そのお手伝いをさせていただきました。キリハラストオブさんは甲信地方の煙突設置をお願いしている信頼できる協力店さんです。

北欧仕様の薪ストーブ煙突

屋根上では板金屋さんに雪割りや雨仕舞いをお願いしました。太陽光パネルとトップライトの間に煙突が貫通する関係で収まりが難しかったかと思いますが、大変美しく素晴らしい仕上がりです。積雪はあまりないそうですが、万一の大雪が来てもこれで安心です。

この辺りは真冬には氷点下15〜20度くらいまで冷え込むということですが、北欧仕様のφ250断熱二重煙突がその性能を十分に発揮してくれると思います。

Aduro9-3

煙突の施工を終え、薪ストーブに火が入る頃にはすっかり日が傾いていました。設置した薪ストーブはAduro9-3、側面ガラスを備えたモデルなので部屋のどこにいても美しい炎が楽しめます。大きな曲面ガラスからの放射熱と本体から出る対流空気で部屋全体が暖まっていきます。鋼鉄製2mm厚の室内シングル煙突の質感もよく、施主のT様にも大変喜んでいただけました。

T様、キリハラストオブさん、本当にありがとうございました!

薪ストーブの暖房能力はどれくらい?

鋼板製薪ストーブ

薪ストーブの暖房能力について「何畳用ですか?」とか「どれくらいの大きさの部屋を暖められますか?」という質問をいただくことがよくあります。例えば TermaTech TT22 シリーズの場合、メーカー公称値で定格出力は7.5kw(6450Kcal)、暖房面積40-160㎡といった数字です。暖房面積の値はかなりの幅がありますが、これは設置する住宅の断熱性能に依存するためです。高断熱住宅であれば160㎡暖められるが、断熱性能の低い住宅では40㎡程度しか暖められないという具合です。40㎡は約20畳、160㎡といえば約87畳に相当し、かなりの床面積ですね。

様々な薪ストーブメーカーがありますが、中には80畳用とか30坪用と謳って販売されているものもあります。しかし上記のような理由から見ると、一概に何畳用とは言えないんですよね。しかも何畳とか何坪っていうのは面積であって天井高、例えば吹き抜けなのかどうかということは考慮されていないわけですから。定格出力はある程度炉内の大きさに比例した数字になっているようですが、メーカーごとに基準が違いそうなのでちゃんと比較することは難しそうです。もちろん目安にはなり得ますが。

鋼板製薪ストーブ

というわけで薪ストーブの暖房能力について聞かれると困ってしまうことがあるのですが、TermaTechの薪ストーブユーザーの方が、『頭の中はいつも薪ちゃん』というブログの「今流行りの鋼板製薪ストーブについて疑問に思っていた事」という記事の中で使用感をレビューされていたので紹介させていただきます。ブログ主はドブレ760も使用されているので、TermaTechストーブとの比較が参考になります。結果はより出力の大きなドブレ760に引けを取らない暖房能力があるとの感想でした。

私自身そんなにたくさんのストーブを試したことがあるわけではないので、こういった使用レビューは大変ありがたいです。ドブレ760というメジャーな鋳物薪ストーブとの比較なので参考になるかと思います。モダンタイプの鋼板製ストーブは他にも、立ち上がりの速さ、大きなガラス面からの放射熱による暖かさなど様々な利点があります。もちろん鋳物の薪ストーブは鋳物の良さがあるわで、どちらの方が優れているとは言えるものではありません。しかし北欧では鋼板製ストーブが9割以上のシェアがあり、日本で人気のあるクラシックタイプの薪ストーブはほとんど売られていないということは、日本ではあまり知られていないようです。北欧と日本では住宅事情が違うので一概には言えませんが、日本の住宅も高気密高断熱化が進んでおり、今後薪ストーブにおいてもヨーロッパでスタンダードなモダンタイプの薪ストーブが普及していくことが予想されます。こういった情報も少しづつ紹介していきたいと思います。

薪ストーブTermaTech TT22 の火入れ 滋賀県長浜市

TermaTech TT22

先日薪ストーブと煙突を設置させていただいた滋賀県長浜市の新築住宅にて、TermaTech TT22 の火入れをしました。薪ストーブはコーナーに設置し、室内煙突はシングル煙突フレックス45°を使用しリビング側に約30°振りました。0〜45°の間で自由に角度を調整できるので微妙な角度調整が可能です。

TermaTech design line

壁出しに使用した煙突はTermaTechの新しい煙突ライン、その名もデザインラインです。煙突と煙突のつなぎ目が目立たず、まるで一本の煙突が真っ直ぐ立ち上がっているように見えます。壁抜き煙突の場合は特に美しい仕上がりになります。煙突表面の塗装は強くしなやかな粉体塗装。耐候性に優れ、過酷な使用にも耐えうる強い塗装です。指紋や汚れもつきにくいのも特徴です。そしてロッキングバンドが煙突と一体化しているので施工性にも優れます。今後はこちらの煙突が主流になっていきそうですね。

この度は本当にありがとうございました。薪ストーブライフをお楽しみください!

薪ストーブTermaTech TT22 の納品 石川県加賀市

TermaTech TT22

前回の記事の岐阜県飛騨市の薪ストーブ設置からの帰路、石川県加賀市で TermaTech TT22 を納品させていただきました。納品先は無垢の木で素敵な家具を作られている家具工房、工房さ竹さんです。新しくオープンされるアトリエに設置していただきました。こちらの不手際で納品までに時間がかかってしまいご迷惑をおかけしましたが、おおらかに対応していただきました。感謝です。この場を借りてお礼申し上げます。本当にありがとうございました!

岐阜県飛騨市で薪ストーブ TermaTech TT22 の設置

薪ストーブ煙突工事

岐阜県飛騨市で薪ストーブ TermaTech TT22 設置の依頼をいただきました。隣県と言っても岐阜県は広く、富山県に近い現場とあって泊りがけでの施工となりました。道中、標高が上がるにつれ木々の色づきが鮮やかになり、ちょうど見頃を迎えた素晴らしい紅葉を楽しむことができました。

チムニーの造作を依頼してあったので、屋根の修理の際に大工さんが製作してくれていました。足場も撤去せずそのままにしてくれていたので安全に作業することができました。施主様と大工さんの配慮に感謝です。

チムニー

三重筒システム

煙突は北欧直販オリジナルφ300mm三重筒システムです。コーキングに頼らない雨仕舞いで長期間にわたって安心して煙突と薪ストーブをご使用いただけます。

室内は約8メートルの吹き抜けをほとんどシングル煙突で施工するプランとなりました。

室内煙突の施工

シングル煙突が6m以上になるので、真っ直ぐに立ち上げるのに神経を使いました。煙突が長いだけに僅かなズレでも目につきやすいのです。

TermaTech 鋼鉄製シングル煙突

頭上を見上げる煙突は壮観。重厚感のある2mm厚の鋼鉄製シングル煙突が真っ直ぐに7m立ち上がった迫力はなかなかのものです。やっぱり鋼鉄製シングル煙突の質感は最高ですね、ストーブとの一体感があります。ステレンス製の室内煙突では味わえない質感です。

TermaTech TT22

煙突を真っ直ぐ立ち上げるのに時間がかかって、外はすっかり暗くなっていましたが無事に薪ストーブに火入れをすることができました。ストーブの後ろの窓の外は絵画のような美しい紅葉だったので、是非ストブと一緒に写真に収めたかったのですが仕方がありません。これからの季節、雪景色も素晴らしいだろうなと想像しています。

TermaTech ガラスフロアプレート

今回設置したガラスフロアプレートは TermaTech TT22 専用のもの。ストーブの形状に合わせてカットされており、ストーブ前面のみをガラスでカバーする形で、ストーブ本体はプレートの上には乗っていません。専用品なので当たり前ですが、薪ストーブの形にジャストフィットするのが気持ち良いです。

TermaTech TT22

正面からではわかりにくいのですが、横から見ると前面はこのように曲面ガラスになっていて放射状に室内を広く暖めます。大きなガラス面からの輻射熱は点火後すぐに得られるので、薪ストーブが温まるのを待つことなく、暖かさをすぐに楽しむことができます。炉内のバーミキュライトのおかげで立ち上がりも早く、対流熱式ストーブらしく素早く部屋全体を暖めてくれます。

TermaTechは薪ストーブ写真写りが良くなくて損してるね、と施主様とも意見が一致しました(笑)。写真ではこの辺りがうまく伝わらないんですよね。

TermaTech TT22

薪ストーブと煙突の設置にあたり、施主様には色々とお世話になりました。この場を借りてお礼を申し上げます。本当にありがとうございました!TermaTechの薪ストーブをお楽しみください!

薪ストーブ アクセサリーの納品

ベビーダン

お孫さんが遊びに来られるということで、ストーブ周りに置ける柵が欲しいと依頼をいただきました。そこでベビーダンのハースゲートを提案しました。感じの良い薪ラックも必要とのことで、ガラス製のログラックも合わせて納品させていただきました。

オーディオルームもほぼ完成ということで、JBLパラゴンで音楽を聴かせていただきましたが、素晴らしいです!今度好きな音を持って遊びに行かせていただきます!

大阪府堺市で薪ストーブ TermaTech TT30GS の設置

TermaTech TT30GS

大阪府堺市の新築住宅に薪ストーブ TermaTech TT30GS を設置させていただきました。縦長のスリムなモダンストーブで、TermaTechには珍しい側面ガラス仕様です。前面ドアとドロワは鋳鉄、天板とサイドパネルにはソープストーンが使われています。

TermaTech TT30GS

天板とサイドパネルのソープストーンは蓄熱効果も期待できます。ソープストーンはゆっくりと炉内の熱エネルギーを吸収し、ゆっくりと室内に放出することで長時間にわたり暖かさが得られます。ソープストーンは蓄熱という実用的な部分において優れているのはもちろんですが、今回感じたのは何よりも質感が良いということです。

TermaTech TT30GS

天然石であるソープストーンは自然素材ゆえ、模様の入り方、色の濃淡など一つ一つ違った表情を持ち、二つとして同じものはありません。自然素材を大切にする北欧らしい感覚が生きた完成度の高いデザインだと思います。

TermaTech TT30GS

サイドがガラスになっているので部屋の中のどこからでも炎を楽しむことができます。ガラス面からの放射熱で、ストーブ真横の離れた場所に座っていてもかなりの暖かさを感じます。

TermaTech 断熱二重煙突

TermaTech 断熱二重煙突

煙突は階段横の吹き抜けを通り、2階でロフト部分をかわすように抜けていきます。壁との距離がかなりシビアでしたが、高性能断熱二重煙突φ250mmは安心感があります。煙突の表面温度は40〜50度くらいで、手で触っても温かさを感じる程度です。やはり断熱材の厚み50mmは効果絶大です。

TermaTech TT30GS

薪ストーブのサイズ感、ソープストーンの質感ともにこの部屋にジャストフィットです。このストーブ以外考えられないというくらいにしっくりきます。今回この住宅にこの薪ストーブを設置させていたけて本当に嬉しく思います。ありがとうございました。薪ストーブライフをお楽しみください!

TermaTech TT22Rの火入れ

TermaTech TT22R

火入れが続きます。今回の薪ストーブはTermaTech TT22Rです。丸みを帯びたルックスがどこかかわいらしいストーブです。可愛らしい見た目でも50cmの大きな薪が入る頼れるストーブです。しかし、TermaTechが公開しているイメージ写真って、なんか損してる気がする。。良さが出てないんですよね、結構印象が違います。実物の方がずっといい感じなんですよ!