BLOG

滋賀県守山市で薪ストーブ TermaTech TT22Rの設置

TermaTech TT22R

滋賀県守山市の新築住宅で薪ストーブ TermaTech TT22Rを設置させていただきました。50cm以上の長さの薪も入れることができて人気のTT22シリーズ。価格以上に性能、品質、バランスのとれた薪ストーブで、まさに<質実剛健>という言葉がふさわしいTermaTechらしいモデルです。

TT22R天板

今回設置したTT22Rは天板が鋳物でできており、サイドにも丸みをもたせていることで程よいボリューム感のある温かみのある薪ストーブです。御施主様はクラシックなカントリー調の薪ストーブは好みではなく、この家には似合わないだろうということでTermaTechを選んでいただきました。

TermaTech TT22Rの離隔距離

天板以外は鋼板で構成される対流式薪ストーブです。輻射式のものに比べると素早く、均一に部屋全体を温めることができます。特別に炉壁や露台を設けずとも壁に寄せて設置できるのも対流式薪ストーブの大きな魅力。鋼板製ならではの気密性の高さからワンレバーでの空気調整も簡単でとても扱いやすいです。

最近では薪ストーブだけでなく、煙突の性能が重要だということが少しづつ認識されてきましたので、北欧直販の扱うTermaTechの煙突の特徴もご紹介させていただきます。

TermaTech シングル煙突

TermaTechの煙突はヨーロッパで最大かつ最も近代的なドイツの工場で生産されています。まずは室内のシングル煙突。こちらは2mm厚の鋼鉄製です。まず日本では見かけることはないと思います。この厚みのある鋼鉄製の剛性感と質感は、ぜひ一度手にとって見ていただきたい。煙突はストーブの一部であることを認識させてくれます。北欧では特にこのストーブと煙突の一体感が重要視されます。これは性能面ではもちろんのこと、見た目の質感が重要だと考えているところが大きいと思われます。

断熱二重煙突

続いて断熱二重煙突。50mmの断熱材が充填されており、断熱効果は抜群です。この断熱効果により優れたドラフトが得られるのはもちろんですが、薪ストーブを使用する上での安全性にも大きく寄与します。煙突の表面温度は40〜50℃程度にしかならず、手で触れる温度です。この「手で触れる温度」というのは非常に安心感があります。

断熱材の厚みが大きいので煙突の外径も大きくなり、断熱二重煙突の外形はφ250mmです。φ200mmの煙突と比べるとかなり迫力があります。

断熱二重煙突 屋根裏

断熱効果が高いので煙突の表面温度も高温にならず、手で触ってもほんのり温かい程度です。今回の設置プランでは写真のように二階の納戸を貫通しますが、この断熱性能のからくる安心感は大きいです。

薪ストーブ 断熱二重煙突

断熱二重煙突の高い安全性

さらに天井、床などの見えない部分には断熱二重煙突の外側にさらに50mmの断熱材を使用しており、万が一煙突内部が高温になった場合にも可燃物への影響は最小に抑えられます。

このように安全性の高い煙突を使用し、北欧基準の施工で安心して薪ストーブをご使用いただけるように心がけています。

TermaTech TT22R

3月10,11日にこちらの新築住宅の完成見学会があります。御施主様と工務店様のご厚意で薪ストーブの見学にもご利用くださいと言っていただいております。ご興味のある方はぜひこの機会に見学にいらしてください。

木製パレット(ユーロパレット)いりませんか?

ユーロパレット

ヨーロッパからの輸入の際に入ってくる木製パレット(ユーロパレットなど)が、30枚ほどあります。

DIYの材料として人気のあるユーロパレット。ウッドデッキや家具など、工夫次第でユニークなリメイクが可能です。「ユーロパレット 利用」などで検索してみると面白いアイデアがたくさん出てきます。特に海外ではよく利用されているみたいですね。

ユーロパレット

大きさはユーロパレットで120cm×80cm。

直接引き取りに来ていただける方限定でこの木製パレットを差し上げます。パレット1枚からでも可能ですので、必要な方はご連絡ください。

LOTUSの薪ストーブが入荷しました

北欧直販の薪ストーブ

新しくLOTUSの薪ストーブが3機種入荷しました。どれも個性的でおもしろい薪ストーブです。

LOTUS Jubilee 35

まずはJubilee 35。Jubilee 35はTermaTechの人気モデルTT22Hとよく似たサイズ感。炉内も広く50cm超の薪が入ります。大きな前面ガラスが特徴的です。

TT22シリーズよりも前面のガラスが縦に大きく、その大きなガラス面からの放射熱と美しい炎とを期待できます。

LOTUS Jubilee 35のレバー

ドアの開閉にも力がいらない使いやすいハンドルレバーのデザイン。燃焼空気の調整も1レバーで簡単に扱えます。全体的にすっきりと洗練された印象です。

LOTUS Jubilee 35 with oven

そしてオーブン付きのLOTUS Jubilee 35 with oven
となりに置いてあるTermaTech TT22が小さく見えます。。

LOTUS Jubilee 35 with oven

ストーブの上部がオーブンになっていて、パンを焼いたり、手軽にオーブン料理を楽しめます。

LOTUS Jubilee 35 with oven インディアンナイト

側面と天板に使われているのはインディアンナイトという天然石。ソープストーンの薪ストーブはありますが、これは珍しい素材。薪ストーブに使っているのはおそらくLOTUSだけだと思います。このインディアンナイトの質感が素晴らしく、どっしりとした存在感があります。高級感が漂いますね。

LOTUS Living Cube

そしてひときわ異彩を放つ薪ストーブLiving Cube
薪ストーブといえば黒というイメージですが、このLiving Cubeは真っ白。そしてとても横長。
この白はとても新鮮。いままでの薪ストーブのイメージが一新されます。設置する空間を選びそうですが薪ストーブ設置の可能性が広がりますね。火が入ってなければ薪ストーブと思わないかも。。

LOTUS  Living Cube

これだけ横長だと60cmの薪も余裕で入ります。すぐにでも火を入れてみたいところですが今回はとりあえず動画で。。LOTUS、楽しみな薪ストーブです。

薪ストーブ Aduro8設置のお便りをいただきました

Aduro8

先週の大雪で積もった雪もだいぶとけてきましたね。連日の雪かきでいい運動になりました。

さて北海道はこちらとは比較にならないくらい雪が積もっているのでしょうね!?そんな北海道からAduro8設置のお便りをいただきました。

薪ストーブ本体をご購入していただき、地元の業者さんに取り付けを依頼されました。

設置後にこうやって写真を送っていただけるのは大変嬉しいです。ありがとうございます!
まだまだ冬本番、薪ストーブライフをお楽しみください!

愛知県名古屋市の新築住宅で薪ストーブTermaTech TT22Hの設置

TermaTech TT22H

愛知県名古屋市の新築住宅で薪ストーブTermaTech TT22Hを設置させていただきました。引渡し前でまだここでは生活をされていませんが、薪ストーブに火を入れて使い方を説明させていただきました。

TermaTech TT22H

御施主様のお仕事が建築関係ということもあり随所にこだわりが見て取れる素晴らしいお家です。防火についてはもちろんのこと、対流式薪ストーブの暖気の流れも考慮されていました。

TermaTech TT22H

はるばる名古屋からご来店いただき初めてお会いした時のことを思い出しました。ご来店の目的は別のストーブでしたが、その時にデモ機として火が入っていたTT22Hを見てこのストーブを気に入っていただけたのでした。なにより一つのレバーで簡単に火力調整ができる使い易さが決め手だったようです。女性でも簡単に扱えるユーザーフレンドリーな薪ストーブです。

この空間にもとてもよく馴染んでいるのを見て、このストーブを選んでいただけて本当に良かったと思っています。年末の慌ただしい時期にありがとうございました。薪ストーブのある暮らしを家族みんなでお楽しみください!

滋賀県高島市の新築住宅で薪ストーブTermaTech TT22Rの設置

TermaTech TT22R

滋賀県高島市の新築住宅で薪ストーブTermaTech TT22Rを設置させていただきました。自然素材にこだわった素敵なお家です。TT22Rのぽってりとした丸みのある表情が、明るく柔らかい空間によく馴染んでいるようです。

1階リビングのコーナーに薪ストーブを設置して、2階の寝室を抜けてまっすぐ煙突を立ち上げるプランです。φ250mmの断熱二重煙突は50mm厚の断熱材が充填された北欧仕様。表面温度も30〜40℃程度でほんのり暖かさを感じる程度です。この断熱二重煙突に触れても火傷をするような温度にはならないので、2階に人がいないときでも安心できます。

断熱二重煙突 二階

まだ小さいお子様がおられるので、安全に配慮された断熱二重煙突の断熱効果には安心感があります。

TermaTech TT22R

しかし対流式ストーブとはいえ薪ストーブの前面ガラスはかなり高温になりますので、ストーブ周りにお子様が近づけないような対処は必要です。

ベビーダン ハースゲート

そこでお施主様がベビーダンのハースゲートを手配されました。これでお子様が薪ストーブに触れて火傷をすることが防げますね。小さい子供がいる家庭では必須アイテムです。

寒さはこれからが本番、薪ストーブのある暮らしを家族みんなでお楽しみください!

滋賀県高島市で薪ストーブTermaTech TT22Sの設置

TermaTech TT22S

滋賀県高島市で薪ストーブTermaTech TT22Sの設置をさせていただきました。

天井が高く取られた空間に、ストーブ上面から煙突を出して壁を貫通するプランとなりました。

TermaTech TT22S

石場建てで建てられた本格的な伝統工法の家です。自然素材にこだわってつくられていて、建物が呼吸しているのが伝わってくるようです。

断熱二重煙突

まるで蔵のような20cmほどの厚みのある土壁を貫通して、軒をかわすために30°曲げて煙突を立ち上げています。φ250mmの北欧仕様の重厚な断熱二重煙突は厚みのある土壁と相まって抜群の安定感です。

斜めに立ち上がった部分でも煙突を支えるために特注でウォールサポートを製作しました。微妙な角度の煙突をがっちりサポートし強固な仕上がりです。

ウォールサポート

天板と側面をソープストーンで覆われたTT22Sは薪ストーブの熱を無駄なく蓄えることで、ストーブから炎が消えた後も非常に長い間ゆっくりと熱を放出し続け、数時間にわたって暖かさが持続します。

TermaTech TT22S

TermaTech TT22S

天然石であるソープストーンの質感もこの自然素材の空間によく馴染みます。

これから日毎に寒くなってきます。より良い薪ストーブライフをお楽しみください!

滋賀県大津市北比良で薪ストーブAduro15-1設置

薪ストーブ Aduro15-1

先日の守山市でのAduro15-1の設置につづき、今回は大津市北比良でも同じくAduro15-1を設置させていただきました。こちらも決して広くはない限られたスペースでの薪ストーブ設置ということでこのモデルを選ばれました。

ただいま内装工事の最中です。いわゆるハーフビルドで、断熱材の施工、床貼り、内装などすべて施主が行っておられます。時間がかかるかもしれませんが、きっと楽しい作業だと思います。

薪ストーブ Aduro15-1

工事の進捗に伴い、薪ストーブ設置のタイミングを考慮していましたが、ここのところ冷え込みも厳しくなってきたのでこのタイミングでの設置となりました。

薪ストーブの暖かさで、寒い冬でも屋内作業が快適になればと願っております。建築端材など薪になるものも豊富にあるので、無駄なく熱エネルギーに変換して一石二鳥です。

家の完成を楽しみにしています。引き続き家づくりを楽しんでください!