BLOG

現代の高気密高断熱な住宅に最適な薪ストーブ TT80

TermaTech - ターマテック TT80S

今年は本当に暖冬ですね。今朝は少し冷え込みましたが午後の日差しで春のような陽気です。数日前に積もった雪もあっという間に溶けてなくなりました。まだ2月なんですけどね。。

朝は気温も低かったのでショールームのストーブにも早々に火を入れました。事務所スペースでは今、TermaTech TT80S という薪ストーブを使っています。基本的には鋼板製の対流式ストーブというモダンタイプの薪ストーブです。サイドパネルがスチールのタイプ、TT80というモデルもあります。

TT80シリーズの特徴はだいたい以下のような点です。

  • 蓄熱することでストーブの熱を無駄にせず部屋を長時間暖め続ける
  • <放熱>と<蓄熱>の2つのモードを簡単に切り替えできる
  • ストーブ本体の奥行きを僅か372mmに抑えた薄型設計
  • 一般的によく流通している40cmの薪が使える

では順番に見ていきましょう。

蓄熱型薪ストーブ

燃焼室上部のこの辺りに蓄熱体であるパワーストーンが内蔵されています。プラス、TT80Sはサイドパネルにソープストーンが使われているのでより蓄熱効果が期待できます。石の質感もGood.さらにオプションでフロントパネルのソープストーンも用意されているのでさらに蓄熱体を追加できます。

運転モードの切り替え

ストーブの背面上部の左右2つのレバーで<放熱>と<蓄熱>という2つのモードを切り替えできます。<対流熱モード>はできるだけ早く薪ストーブの熱を部屋中に行き渡らせるための運転モード、<蓄熱モード>は内蔵パワーストーンにより多くの熱を吸収させるモードです。シンプルな構造ですが、この2モードを切り替えられるのがミソですね。

素早く部屋全体を暖め、十分に暖まれば蓄熱モードに切り替え長時間ストーブの暖かさをキープします。高気密高断熱住宅であればこの恩恵を十分に享受でき、まさに現代の住宅に向く薪ストーブと言えます。これにより薪の消費量も抑えることができます。「薪ストーブの炎は楽しみたいが住宅性能が高く、薪ストーブは暑すぎる」という場合でも導入しやすいと思います。

TT80S

そして奥行き372mmの薄型ボディ。横から見るとこんな感じです、薄いですね!さらにメーカーの示す可燃物からの離隔距離は最小で背面75mm。炉壁や露台を設けることなくすっきりと設置できます。この省スペース性も現代の住宅ニーズにマッチします。

市販の薪は40cmのものも多いので、この薄さでありながら40cmの薪が使えるのはポイントが高いです。ただ、実際は30cm前後の薪の方が使いやすいとは思います。燃焼室内である程度薪の組み方に自由度があるほうがいいですね。小さい薪の方が乾燥にかかる時間も短くて理にかなっています。そういう意味では25cmくらいがちょうどいいかも。

オプションのツールセット

コンパクトなツールセットは下部ドアの内側に収納できます。何かと散らかりやすいストーブ周りもこれですっきり片付きますね。ストーブの下部もしっかり断熱されているので着火剤なんかもこの中に収納できます。

最後に燃焼の様子を動画でどうぞ。燃焼空気をコントロールするレバーはドア下部のレバー1つだけで、レバーを左にするほど燃焼室に供給される空気が少なくなります。レバーの動きに連動するように燃焼具合が変化するのがわかると思います。ストーブ本体の気密性が高いので操作がリニアに反応します。高気密住宅では高気密な薪ストーブが必須です。

こんな感じでTermaTechのTT80シリーズは現代の住宅事情に向くストーブと言えると思います。気になった方は是非ショールムに来て見て触ってください!

滋賀県彦根市でオーブン付き薪ストーブの設置

オーブン付き薪ストーブ

滋賀県彦根市でオーブン付き薪ストーブ LOTUS Jubilee 35 with oven を設置させていただきました。

天板とサイドパネルは天然石のインディアンナイトが使われている総重量300kgオーバーの大きな薪ストーブです。薪ストーブによく使われるソープストーンではなくインディアンナイトが使われているストーブは珍しいですね。ソープストーンとは違う表情が面白いです。落ち着いた色調と質感が非常に高級感があります。約1400mmの一枚もののサイドパネルだけでもかなりの重量があるので蓄熱効果が期待できます。ソープストーンと比較してどれだけ蓄熱量に違いがあるのか気になるところです。

LOTUS Jubilee 35 with oven

玄関室の建具を開くと正面に薪ストーブ!なんとも贅沢です。

写真を撮るのを忘れてしまいましたが、ストーブの前に立って上を見上げると天窓から煙突が見えます!立ち上がりからトップまで目視できるので、屋外に出なくとも煙突からの煙の様子が確認できます。薪ストーブユーザーにとっては実に羨ましいセッティングです。自分が家を建てることがあれば是非真似したですね!

薪ストーブ煙突

北欧直販では定番の三重筒システム。雨仕舞いをコーキングに頼らない安心の煙突施工、φ300の煙突は迫力満点です!

暖冬とはいえまだまだ寒い日が続くと思います。素晴らしい薪ストーブライフをお楽しみください!

京都市で薪ストーブ TermaTech TT1Z の設置

京都で薪ストーブ設置

京都市で薪ストーブ TermaTech TT1Z の設置をさせていただきました。玄関のくぐり戸を抜けてすぐの土間の脇という限られた空間でしたが、うまく収まりました。京都らしい趣のある建物にシンプルな薪ストーブTT1Zがうまくマッチしました。

京町屋に薪ストーブ

京都らしい日本的な建物ですが煙突がよく似合いますね。

北欧の煙突

天候にも恵まれ、無事に屋根上作業も終えることができました。

LPGのガス暖房だったので光熱費がかさむということでお困りでしたが、これからは薪ストーブで快適に過ごしていただけると思います。

『薪ストーブライフ』の取材撮影

『薪ストーブライフ』撮影風景

薪ストーブ専門誌『薪ストーブライフ』の取材撮影がありました。

来月発売の次号『薪ストーブライフ』中の人気コーナー「Introduction & burning test」のコーナーでTermaTech TT22Rを取り上げていただきます。

薪ストーブライフ撮影

さすがに薪ストーブの撮影に慣れておられます!細部にわたり詳細に撮影していただきました。

雑誌『薪ストーブライフ』撮影

今回の記事が掲載される『薪ストーブライフ』第38号は2月25日発売です。書店で見かけた際はぜひ手に取ってみてください!TermaTech薪ストーブの良さが伝わってユーザーの輪が広がると嬉しいですね。

滋賀県高島市の別荘地で薪ストーブ設置工事

TermaTech TT22

滋賀県高島市の別荘地で薪ストーブの設置工事をさせていただきました。設置した機種はTermaTech TT22です。50cmの薪が入る広い火室と大きなガラス面が人気の薪ストーブです。

TermaTech TT22

この大きなガラス面は曲面になっていて、このくらいの角度からも炎を楽しめます。また曲面なので広く放射状に輻射熱が広がり、より一層暖かさを感じられます。

TermaTech TT22

鋼板製の対流方式の薪ストーブで、いわゆるモダンタイプと言われるものですが、モダンでありながらモダン過ぎず、時代を経ても飽きがこないデザインというのがTermaTech薪ストーブの真骨頂でしょうか。

広い空間でも素早く暖めてくれるのが鋼板製の対流型薪ストーブの特徴ですが、何と言っても大きなガラス面で楽しむ迫力の炎が何よりの魅力ですね。

北欧仕様のφ250mm断熱二重煙突

貴重な晴れ間を狙って煙突も設置完了。薪ストーブと煙突が現れると家の雰囲気もガラッと変わります。薪ストーブと煙突がよく似合います。もっともっと煙突があちこちに立っている景色が増えるといいですね。薪ストーブって本当にいいものですよ!

滋賀県彦根市で薪ストーブ煙突先行工事

薪ストーブ煙突

滋賀県彦根市で薪ストーブを設置させていただく新築住宅で煙突部分の先行工事に行ってきました。

煙突はもはや定番の三重筒システム。コーキングに頼らない雨仕舞いで長期間にわたって薪ストーブと煙突を安心してご使用いただけます。アウター管はφ300mmなのでかなり迫力があります。

煙突先行工事

室内もここまで。このあと内装が仕上がった段階で薪ストーブを設置して煙突と接続します。薪ストーブの設置が楽しみです!

この日このあとは近江八幡へ煙突の延長工事へ。薪ストーブシーズン真っ只中です!

滋賀県高島市のログハウスで薪ストーブ入れ替え工事

TermaTech TT22R

滋賀県高島市で薪ストーブの入れ替えをご依頼いただきました。

もともとログハウスに設置してあったバーモントキャスティングス・アンコールからTermaTech TT22Rへの入れ替えです。既存の煙突、レンガの炉台や炉壁はそのまま利用しました。

アンコールと比べて、ガラス面が大きく炎が今まで以上に楽しめると、大変喜んでいただけました!また燃焼空気の調整がレバーひとつだけでできるので、感覚的に操作しやすいと好評です。

古い薪ストーブをお使いのユーザー様も一度モダンタイプの薪ストーブを体験していただきたいです。きっと薪ストーブの印象が変わると思います。

キンドリングクラッカーが入荷しています

キンドリングクラッカー

しばらくブログの更新をサボっている間に薪ストーブシーズンに突入です!薪の準備はできていますか?薪のサイズはいろいろあると使い勝手がいいですよね。

そして薪スト−ブの着火に欠かせないのが焚き付け材。焚付け作りをもっと簡単に、楽しくなるアイテムがキンドリングクラッカーです。ニュージーランドの少女の発明で、斧で焚き付けを作るお母さんのケガを心配して、このキンドリングクラッカーを考案しました。キンドリングクラッカーがあれば最小限の力で安全に、楽しみながらあっという間に焚き付け材を作ることができます。

キンドリングクラッカー

このままの高さだとイマイチ使いにくいので台座をつけることにしました。ちょうど良いサイズの欅の玉切りがあったのでコーチスクリューで固定しました。

キンドリングクラッカー

はい、できあがり。ぐらぐらせず安定感があって使いやすい高さになりました。椅子に座って作業するときなどはこれくらいがちょうど良いですね。

キンドリングクラッカー

キンドリングクラッカー

ハンマーで叩くこと数回、きれいに割れました!思っていたよりサクサク割れます。これで細割薪がどんどん量産できそうです!

斧での薪割りよりも安全に作業できるので、子どもと一緒に作業するのも楽しいかもしれませんね。